相場の未来を正しく予想したいですか?

皆さんは勝ち組トレーダーに対してどのようなイメージを持っていますか?

 

門外不出の秘密の手法を幾つも持っており、
相場の状況にあわせて、自由自在に自分のポジションを調整し、
常に未来の相場状況を正しく予測し、たとえどんな状況に相場が変化したとしても
利益を出し続ける事ができる。

 

誰にも知られていない秘密のインサイダー情報を持っており、
相場が動き出す前に、既に大量のポジションを保有して、
実際に相場が急騰したら、その高値で売り抜ける。

 

そんなイメージを持っていませんか?
私がトレードを始めたときには、上記のような事を真面目に考えていました。

 

でも実際は違うようです。
勝ちトレーダーの手法というのは、負けトレーダーの手法と
そんなに変わらないようです。

 

テクニカル指標の数も関係ないようです。
多くのテクニカル指標をチャート上に表示させているからといって
相場を正しく分析できるとは限りません。

 

シンプルだからいいとか、複雑だからいい、とか、
そういう次元の問題ではないようです。

 

また、勝ちトレーダーというのは、
常にポジションを保有し、全ての相場に手を出している訳ではないようです。

 

事前に決めた、自分の得意とする相場状況、
自分の手法に当てはまる相場状況になるまでは、
一切手を出さず、ただただ相場を眺めているだけのようです。

 

そして、勝ちトレーダーというのは、
どうやら相場の未来を予測して判断しているようではないみたいです。

 

では、何を基準に判断にしているのか?
それは、未来ではなく、「今」を基準に判断しているんです。

 

当たり前の事ですが、未来の事は誰にも分かりません。
将来チャートが上昇するか、下降するか、動かないか、なんて
正確に分かるはずがありませんし、分かる必要もないです。

 

勝ちトレーダーと負けトレーダーの一番の違いはというと、
「今」を適切に対処しているか、
ということです。

 

これは、どういうことかというと、

「今」マイルールで決めたエントリー状況にないのなら、きちんと見送る。
「今」エントリー状況になったのなら、きちんとエントリーする。
「今」損切り位置に到達したら、きちんと損切りする。
「今」クローズラインに到達していないなら、きちんとキープする。

 

未来こうなるだろうから、今のうちこうしておこう、と考えているのではなくて、
今だけを見ているんですね。

 

そして、「今」を適切に対処するためには、
正しいマインドが必要になってきます。

 

相場状況に左右される、ローソク足の動き、レートの動きに一喜一憂するような、
ふらふらしたマインドでは「今」を正しく判断することができません。

 

利益が出る手法を持っていても、
それを正しく実行できるマインドがなければ意味がありません。

 

あなたは、相場の未来を見ようとしていませんか?
そんなの必要ありませんよ。

 

必要なのは、「今」を適切に対処できるマインドです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ