スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~好材料が出ての反発ではないので

先週の後半には自律反発的な感じで、円売り、ユーロ買いが起こり、
先々週までとは反対向きの流れとなりました。

しかしこれに関しては、特に円が売られる理由が出てきたわけでは無く、
また、ユーロが買われる理由が出てきたわけでも無いので、
単なるテクニカル的な要因に過ぎないのでは、という印象を持っています。

週末の米雇用統計では、それなりに良い数字が出たようですが、
その見解は分かれており、継続的なドル買いは起こっていないです。

米雇用統計に限らないですが、こうした数字による市場の反応の仕方によって
今がどのような雰囲気なのかが、ある程度推測できますね。

という事で、今回はEURUSDの動きを復習してみましょう。

以下は、先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートです。

チャート内に、青色枠赤色枠がありますが、
青色枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
eurusd1h160306
サブウィンドウのラインを見ると、
週明けはドル買い、ユーロ売りが強く出ていますので、
まずは、EURUSDのショートが狙い目だと分かります。

チャート上も赤色ゾーンの下での推移が続いていますので、
その間はずっと売り目線で見ていれば、方向性を外す事はないはずですね。

また、終盤には上昇トレンドに転じていますが、
これもサブウィンドウのユーロとドルのクロスを見ていれば、
どの時点から買い目線に変更すべきなのかも分かります。

ちなみに、先週の中盤以降はポンド買いが目立っていますので、
GBPJPYのロングにシフトチェンジしても良かったでしょう。

実際、下記のGBPJPYの1時間足チャートを見て分かる通り、
中盤以降は、綺麗な上昇トレンドになっていますので、
タイミングもとりやすかったでしょう。
gbpjpy1h16030602
サブウィンドのラインの変化を見つつ、今一番通貨の力関係がハッキリしていて、
トレンドが明確になっている通貨ペアを選択するのもトレード戦略の1つです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ