トレード終了16/3/18。遅行スパンが陰転のままで上昇

EURJPY

ロンドン時間の初動は下降トレンドでしたが、
直下のオレンジラインで止められてからは上昇に転じてきました。

1時間足の方向性がハッキリしてなかったので、フラットに見ていましたが、
ロンドン時間の下向きの動きで売り目線とするも、
戻り売りできる形状にならなくてショートできずです。

その後の上昇トレンドは、1時間足の遅行スパンが陰転したままでの上昇なので、
買い目線にはできず、結果的にノートレで終わりました。
fxEURJPY160318END

EURUSD

ロンドン時間は直下のオレンジラインに到達し、
一旦17時台に戻してからの再度のブレイクをショートです。

エントリー後はそれなりに下げてくれましたが、
所定の含み益までにギリギリ到達せずに、
徐々に横ばいから上昇に転じてしまい、利確のタイミングなく、
そのままストップにかかってしまいました。

どうも最近、ギリギリ届かないというケースが多いです。。。

その後の上昇は、やはり1時間足の遅行スパンが陰転中のままでの上昇なので、
様子見のままで終わりました。
fxEURUSD160318END

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ