スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~USD買い戻し継続

先々週のFOMC以降は米の利上げ回数が減るという理由でドル売りが起こり、
その流れを引き継いだままで先週は為替市場がスタートしました。

特に大きな変化が無ければ、
先週もドル売りが継続するのではと思っていたんですが、
蓋を開けてみると、一転してドル買いの週となりましたね。

週中にはテロ事件が発生したことで、
一時的にリスク回避的な動きも起きましたがすぐに収まり、
その後、米の早期利上げに前向きな要人発言の影響もあって、
ドル買い主体の動きが目立ちました。

そのあたりの動きをUSDJPYで復習してみましょう。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に青色四角枠を記述していますが、
これはマイルールにおけるロング指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16032701
このチャートだけを見ていると、緩やかな上昇トレンドですが、
先々週にはFOMCによって大きく下落しているので、
現時点でのこの上昇トレンドは “戻りを試す動き” と解釈しています。

しかし、デイトレレベルなら、こうした戻りの動きにも乗れますね。

スパンモデルの青色ゾーン上での推移が多いので、
先週は常にロング目線で見ていれば、大きな間違いはなかったはずです。

また、通貨の力関係から分析すると、
ドルの強さを表している赤色ラインの推移が分かりやすいですね。

週初は弱い動きでしたが、徐々にドル買いに変化している事が読み取れ、
破線で示した+0.5を超えたあたりからドル買い目線に変化しておきたいところです。

週末にかけてはイースター休暇によって徐々にドル買いも収まってきていますが、
代わりに多少円売りが起きているようで、
それによってUSDJPYの上昇トレンドが維持できているようです。

今週もUSDJPYは買い目線から始まりそうですが、
戻りを試す動きが終わったら再度下落トレンドへ転換する事もありえるので、
通貨の力関係から、ドルの円のラインクロスには注意です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ