トレードシナリオ16/7/18。地政学的リスクの落ち着きでギャップアップ

EURJPY

・現状

遅行スパン陽転、青色スパン、±0.5σ内にあり、トレンド不明

・シナリオ

先週末に起こったクーデターが落ち着いてギャップアップで始まり、
そのまま窓を埋めずにボックス的な動きになっています。

しかし、先週の急落が効いて、
1時間足チャートの遅行スパンは陰転しており、
まずは売り目線で見る事になります。

15分足レベルで遅行スパン陰転、且つ、
青色ゾーン割れとなったらショートを検討しますが、
青色ゾーンが太いですね。

まぁ、レートが下がれば徐々に細くなっていくと思いますが。

逆にロングは、1時間足の遅行スパンが陽転すれば、
このまま青色ゾーンが付近からの押目買いを狙っていきます。
fxEURJPY160718

EURUSD

・現状

遅行スパン陰転、青色スパン、-0.5σ下にあり、トレンド不明

・シナリオ

こちらも僅かにギャップアップで始まり、
そのまま横ばいで推移していますね。

1時間足の遅行スパンは陰転しており、
売り目線で見ていますが、青色ゾーン割れとなれば、
直下のオレンジラインまでをショートできるでしょうか。

逆にロングは1時間足の遅行スパンが陽転してからですが、
この位置だとNY時間以降となりそうですね。

直上のオレンジラインまでをロングできる展開となるかに注目です。
fxEURUSD160718

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ