スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~久しぶりにドル主導の1週間でしたが

先週末のトルコのクーデターが失敗に終わり、
また、EU離脱相場も終わった事で、
市場は徐々に落ち着いてきているようで、
先週は久しぶりにドル買い主導で相場が動きましたね。

特に大きなイベントがない中で、
米関連の指標が好調だったことが影響しているようで、
年内の米利上げの思惑も再浮上しているようです。

個人的には、USDJPYの英国民投票時の高値超えに注目していましたが、
黒田日銀総裁の発言により、高値抜けがダマシとなってしまったようです。

そのあたりの動きを、1時間足チャートで復習してみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16072401
ドル買いが影響して週初から上昇トレンドとなっていて、
スパンモデルもサポートとして効いていて、
押目買いが機能した場面が多かったですね。

そして、オレンジラインが英国民投票時の高値ですが、
わりとすんなり越えていますので、
市場参加者はそれほど意識していなかったんでしょうか。

しかし、黒田日銀総裁のヘリコプターマネー否定発言で一気に急落、
チャート的にはオレンジラインのブレイクがダマシっぽい形状になってしまいました。

サブウィンドウの通貨の力関係を見ると、
週初からUSD買いが継続している事が分かりますが、
相手となる通貨選びが難しかったでしょうか。

JPYGBPが弱かったので、USDJPYやGBPUSDが候補となりますが、
継続性はなかったですね。

そして、黒田日銀総裁の発言後は通貨の強弱もまちまちではっきりしませんが、
多少、USD買い、JPY買い、GBP売り、EUR売りで大引けを迎えています。

USDJPYでは、今週もとりあえずオレンジラインが効くのか注目しますが、
何度もこのラインを行き来するような展開になったらこのラインは削除します。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

自作EAテスト中




このページの先頭へ