スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~夏季休暇シーズンなので

先週は、その前の週の強い米雇用統計を受けて、
ドル買いが継続するかどうかを確認する週でしたが、
やはりというか、すぐに雇用統計の結果は忘れ去られて
ドル買いは収まってしまいましたね。

夏休みシーズンに入った影響もあってか、
オリンピックが開催中の影響もあってか、
市場参加者も少なく、特に大きな材料も出たわけでもなく、
ボックス的な動きの通貨ペアが多かったようです。

このような時期は、あまり無理なトレードはしない方が良いですね。

一応、先週明けの寄付きは、ドル買い、円売りで始まりましたので、
USDJPYのトレンドを期待しましたが、
上記の理由で拍子抜けに終わっています。

そのあたりの動きを復習してみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16081401
週初は米雇用統計後のドル買い、円売りの名残りで
上昇トレンドとなっていましたが、すぐに収束し、
その後は一転して下降トレンドになって
米雇用統計発表前のレートまで戻っています。

結果的には、上下幅200PIPS弱のボックス相場で終わっていますね。

スパンモデル的には、上昇、下降、上昇となっており、
青色四角枠でロング、赤色四角枠でショートしていれば問題なかったでしょうが、
時間帯的にロンドン時間、NY時間での明確な動きは少なかったので、
ちょっと取り難かったでしょうか。

サブウィンドウの通貨の力関係を見ると、
週初からGBPの弱さが目立つので、GBP売りを主体に見ていき、
相手先の通貨としては、EURを選んだ方が取りやすかったでしょう。

実際、EURGBPの先週1週間は以下のように
明確な上昇トレンドとなっていますからね。
cpb16081402

さて、今週も夏季休暇中ですし、日本でもお盆休み中ですので、
市場参加者は少なく、取引も停滞気味の薄商いになりそうです。

おそらく今週いっぱいまで夏枯れ相場が続いて、
本格的な動きは来週の22日以降になるかもしれませんね。

そして、先週もちょっと書きましたが、
私も本日からお盆休みを取りますので、
明日以降のブログ更新はしばらくお休みにします。

つい先週までも、入院という個人的な理由でブログ更新を中止していましたが、
続けざまに今度はお盆休みを取る事になってしまい、
私のブログを参考にしているトレーダーさんにはご迷惑をおかけします。

いつまで休むのかは、決めていませんが、
おそらく今週末あたりからは再開できると思います。

以上、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

自作EAテスト中




このページの先頭へ