スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~夏枯れ相場の中のドル売り

先週は個人的にお盆休みをいただき、
あまりチャートやニュースを見ていなかったですが、
全般的にはドル売りが目立つ週だったようですね。

しかし、先週も世間的にはまだ夏休み期間中となっており、
市場参加者も少ないので、それほど本格的な動意にはならなかったようです。

USDJPYに関しては、多くのトレーダーが意識していると思われる
節目としての100円割れを巡る攻防が何度か見られましたが、
今のところは何とか踏ん張っている感じでしょうか。

そのあたりの動きを復習してみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16082101
4時間足レベルのボリンジャーバンドの向きから判断しても
先週は下降トレンドが優勢な場面が多く、ショート中心で
仕掛けた方が良かったでしょう。

一応、赤色四角枠ではショートを狙うべき個所ですが、
時間帯的に、日本の夕方以降でトレンドになっている場面は少なかったので、
エントリー自体は難しかったでしょうか。

サブウィンドウの通貨の力関係を見ると、
やはり、全般的にUSDの弱さが目立っており、
ドルストレートをトレード対象とした方が良いのは分かりますが、
相手の通貨選びには迷いますね。

ところどころ、JPYが強かったり、GBPが強かったりしますが、
継続性が無いので、どの通貨ペアでトレードしたとしても
先週は難しかったのかもしれません。

さて、今週からは夏休みも終わり、市場参加者も戻ってきて、
通常の為替相場となりますが、
とりあえず、USDJPYが100円割れを本格的に試すのかに注目です。

日足チャートを見ても、まだまだ売り優勢なので、
下向きの意識が強まれば、案外走り出して
英のEU離脱決定直後の99円台割れを試すような展開もあるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ