順張りマインドと逆張りマインド

FXの手法というのは、大きく分けると順張りと逆張りの2つありますが、
最初のうちは、順張りだけに専念したほうが良いでしょう。

 

つまり、上昇トレンドならロングのみを、
下降トレンドになったらショートのみを狙うという事です。

 

中級者以上の利益を上げているトレーダーなら、
その時その時の相場の状況を的確に把握し、
トレンド状態なら順張り、ボックス状態なら逆張りと、
縦横無尽に立ち振舞うこともできるかもしれません。

 

しかし、順張りと逆張りでは考え方が全く正反対である為、
利益が安定していない時に、この両方に手を出してしまうと、
トレーダーとしての思考が混乱してしまう可能性が高いです。

 

例えば、順張りなら利大を目指す為に、
利確をなるべく引き伸ばす事が推奨されますが、
逆張りの場合は、そうとは限りません。

 

頃合を見計らって利確、多少の利益でも利確、節目に到達したら利確、
という戦略も十分に考えられます。

 

順張りと逆張りを両方やってしまうと、
利大を目指さなければいけない時に、逆張りの思考が頭をもたげてきて
多少の利益でも利確してしまいたくなる心理に襲われます。

 

こうした心理は、順張りには悪影響を及ぼしますので、
ボックス圏と思われる相場の高値圏での逆張り売りや、
安値圏での逆張り買いなどはやめておきましょう。

 

また、トレンドが出ていない相場は、はっきり言って難しいです。
その難しい相場を初心者が、最初から相手にする必要はないです。

 

まずは、上昇トレンドになったらロングだけ、
下降トレンドになったらショートだけを狙いましょう。

 

相場の状況によっては、上昇トレンドの状態からストップを巻き込み、
最後に一気に急騰するような場面もあります。

 

そうした場面では、値ごろ感で、ついつい売りを仕掛けたくなる事が
あるかもしれませんが、そうした売りも一切しない方がいいです。

 

これも逆張りの一種であり、
こうした逆張り売りが、たまたま連続して成功してしまうと、
必ずその人の悪い癖になり、マインドに悪影響を及ぼします。

 

つまり、急騰を見るたびに売りを仕掛けたくなる心理状態となり、
そのうち必ず、売りエントリー後に、更なる急騰に出くわしてしまい、
大きな損失となってしまう可能性が高いです。

 

こうした「その場限りの」、「ちょっとしたスケベ心の」、
裁量的な」、「検証をしていない」逆張りエントリーは、
その後の自分のマインドには何も良い事は残りません。
自分のマインドに悪癖を残すだけです。

 

ですので、マインドを正しくする為にも、
順張り逆張り両方に手を出すことはせず、
まずは、トレンドに沿った方向のポジションだけを考えましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

自作EAテスト中




このページの先頭へ