スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~通貨ペア選択の重要性

先週の為替相場は夏休みシーズンが終了したという事で、
それなりに動いてくれることを期待したんですが、
持合傾向の場面が多かったですね。

ニュースでは、持合になっている理由を、
ジャクソンホール会合でのイエレン氏の発言待ち
としていましたが、
金曜日にその会合があり、イエレン氏の発言によって、
週末の土曜日にようやく動き出してくれた感じです。

そのあたりの動きをUSDJPYで復習してみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16082801
見ての通り、週末金曜日の23時までほとんど動意がありませんでした。

一応、スパンモデルの条件的には
ロング指向、ショート指向の場面もありましたが、
4時間足レベルでもスクイーズ状態となっていますし、
サポレジとの関連、及び、ダウ理論の立場からも
エントリーできるようなチャート形状ではなかったと言えるでしょう。

サブウィンドウの通貨の力関係を見ても、
週を通して、USDJPYの相対的な強弱の差は出ておらず、
やはり、USDJPYはトレード対象通貨ペアとしては適切でなったと判断できます。

では、どの通貨ペアが良かったのかというと、
まずは、GBP買いが継続していたので、GBP関連を選ぶべきでしょう。

相手先の通貨としては、
週初はUSDで、週中からはEURが適切であったと分かります。

実際、EURGBPのチャートを見ると以下のようになっています。
cpb16082802
GBP買いとEUR売りの相乗効果で明確な下降トレンドとなっていますので、
これならショート主体でエントリーを考えられますね。

EURGBPってそれほどメジャーな通貨ペアではないですが、
通貨の強弱の面では、トレンドが出ているケースも多く、
個人的には注目している通貨ペアです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

自作EAテスト中




このページの先頭へ