スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ユーロが主役

先週は久しぶりにユーロが主役の1週間でしたが、
その原因となったのが、
ドイツの連立政権に関する協議のゴタゴタ劇ですね。

週初にはドイツ連立政権の協議が失敗したとの報道を受けて
ユーロクロスのほとんどは売りが強まる格好になりました。

その後は日米の祝日があり、動意薄の展開となりましたが、
週末にかけて、ドイツ独連立政権の交渉に進展が見られたことで
ユーロが一気に買い戻されています。

最近のユーロ圏の経済指標は良好なものが多いので、
何もなければユーロは買われる傾向が強いのではないでしょうか。

という事で、
先週1週間分のEURJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17112601
週前半は遅行スパンが陰転し、赤色ゾーンの下で推移している期間が多いく、
週後半は遅行スパンが陽転し、青色ゾーンの上で推移しました。

しかし、週前半に関しては、
雲の中にレートが入り込んでいる場面も多く、
雲が抵抗線として機能しているかどうかも判断しにくかったので、
トレーディングとしては難しかったですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、週前半のEUR売り、週後半のEUR買いが目立っています。

JPYに関しては、他国で悪材料が出れば買われますし、
他国で好材料が出てば売られる展開となっており、
相変わらずのリスク要因としての役割を担っています。

さて、月曜からの相場ですが、
米の感謝祭、ブラックフライデーが終わって、
市場参加者も戻ってくるでしょうか。

一応、ドイツに関しては、党首会談も予定されており、
連立政権による政治の安定化の期待もあるようですが、
もしここで破談になったら、もう一波乱ありそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ