スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ポンドの買い戻し優勢

最近のボンドは、値動きが小さく、
おとなしい状態が続いていましたが、
先週は久しぶりに本来の高ボラティリティーに戻りました。

その要因となったのが、
英のEU離脱に伴う負担金をどのくらいの金額にするか、
という問題ですが、
どうやら合意に達したようですね。

これによりポンドが急速に買い戻されたわけですが、
EU離脱に関する問題はまだまだ山積しており、
このあとに控えている貿易交渉が最大の難関と言われています。

よって、ポンドが日足レベルで上値を追い続ける事は
難しいかもしれません。

という事で、
先週1週間分のGBPJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17120301
週初は弱含みの展開となっていましたが、
英のEU離脱に関する負担金が合意したという報道を受けてからは
一気に上昇トレンドへ転換しています。

転換したタイミングは日本時間の深夜だったので、
初動に乗る事は難しかったでしょうね。

しかし、その後も遅行スパンが陽転し、
青色ゾーン上で推移していたので、
短い時間軸で押目のタイミングを取りながらロングしていれば
特に問題はなかったでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
GBP買いがハッキリ出ていますね。

また、それと同時にJPY売りも見られ、
それらの相乗効果でGBPJPYが高ボラティリティーになった事が分かります。

さて、月曜からの相場ですが、ニュースを見ていると、
米の税制改革法案が先ほど上院本会議で可決したようなので、
週初はドル買いから始まるかもしれません。

また、来週12日から始まるFOMCで利上げがほぼ確実視されている中で、
今週末には米雇用統計が控えていますが、
よっぽど悪い数字でなければ、ドル売りが進行する事も無いでしょう。

よって、ドル堅調の相場展開を予想します。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

自作EAテスト中




このページの先頭へ