スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~織り込み済みの反応

先週は、米のFOMCを筆頭に、欧のECB、英のBOEと
主要国の政策金利の発表が相次ぎましたが、
概ね、想定通りの内容となっており、
市場は、”Sell the Fact“の反応を示しましたね。

FOMCでは、0.25%の利上げが決定されましたが、
もちろん織り込み済みなので、
発表後はドル売りの反応となっています。

また、米アラバマ州の補欠選挙で民主党のジョーンズ氏が勝利したことも
ドル下落の要因となっており、全般的にドルが弱い週となりました。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17121701
週前半は持合気味で推移していましたが、
週後半は明確な下降トレンドとなっています。

スパンモデル的には、青色四角枠でロングした場合、
利大を目指していたら損切りになっていた可能性がありますね。

しかし、赤色四角枠では赤色ゾーン
レジスタンスラインとして機能しているので、
戻り売り主体で狙っていけば特に問題はなかったはずです。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週前半は明確な通貨の強弱は見られませんでしたが、
週後半はJPY買い、USD売りが目立っています。

一瞬、EUR売りも見られますが、
これはECB理事会後の材料出尽くしの反応ですね。

さて、月曜からの相場ですが、
もうそろそろクリスマス休暇に向けて
市場参加者が少なくなってくる頃ですので、
ボラタイルな展開は期待できないかもしれません。

大きな指標発表やイベントも控えていませんので、
突発的なニュースが起きない限りは
明確なトレンドは起きない可能性が高そうです。

また、個人的な予定としては、今週でトレード納めにする予定です。

今年も終わりですか、、、早いですね~。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ