「1週間の動き検証」の記事一覧

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~連続利下げ思惑!?

cpb19081101

先週は米中貿易摩擦問題がさらに深刻化した週となりました。 中国側は人民元の基準レートを引き下げ、 それに対して、米国側は中国を為替操作国に認定して、 対立がさらに激化しています。 そして、度重なるトランプ大統領の中国に向・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~USDJPYが300PIPSの値幅

cpb19080401

低ボラティリティが常態化してしまった今年の為替市場ですが、 先週は久しぶりに高ボラティリティーとなりましたね。 その原因となったのは、FOMCとトランプ大統領の発言です。 FOMCでは注目の利下げ幅が0.25%に決定した・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ドラギ総裁会見後にユーロ急騰も

cpb19072801

先週の相場で最もボラティリティが高まったのは、 ECB理事会、ドラギ総裁会見の場面でした。 市場にはユーロの利下げ観測、希望?があったようで、 事前にユーロ売りの流れが進行したなかでのECB理事会でしたが、 結果的には政・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~緩和姿勢の要人発言多し

cpb19072101

先週も米利下げ幅が0.25%になるのか、0.5%になるのか、 その思惑で振らされる展開となりました。 経済指標は好調なものが多いので、 それだけだと利下げ自体がおかしいとなるんですが、 各要人はなぜかハト的な発言が多いで・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~利下げ幅の思惑で振れる

cpb19071401

先週は米雇用統計後のドル買いの流れが継続するのかと思いきや、 週中の原稿公表、パウエルFRB議長の発言により、 再びドル売りの流れに戻っています。 市場の雰囲気としては、好調な米雇用統計を受けて、 利下げ幅は0.25%だ・・・

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ