「1週間の動き検証」の記事一覧

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~米小売売上高で一転

cpb19021701

先週は米中貿易問題の進展期待から 週前半はリスク選好のドル買い円売りの流れとなっていましたが、 週後半の米小売売上高が予想外の大幅減少となったことをうけて、 相場の雰囲気が一転しました。 さらには、トランプ大統領の非常事・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~EURUSDは売り一色も

cpb19021001

強い米雇用統計を受けての先週の相場は、 ドル買いが優勢な展開が続きました。 というか、他の通貨に買い材料が無かったので、 消去法的にドルが買われたという表現が正解でしょうか。 注目だったトランプ大統領の一般教書演説では、・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~早くも全値戻し?

cpb19020301

先週の重要イベントとしてはFOMCと米雇用統計がありましたが、 双方で正反対の結果となり、ドルが振らされています。 FOMCでは、声明から漸進的利上げの文言がされ、 パウエルFRB議長のハト派的な発言もあって、 ドルが売・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~思惑でポンド買い継続

cpb19012701

先週も米中貿易問題や米政府機関閉鎖問題などがありましたが、 市場を動かしたのは、やはりブレグジット問題でしたね。 英メイ首相がEU離脱修正案を提案したことで、 離脱期限の延長への思惑が広がってポンドが買われたり、 また、・・・

スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ブレグジット問題は進展せず!?

cpb19012001

先週は英会議の動向に注目が集まりましたが、 結局ブレグジット問題に関しては進展は見られなかったようですね。 英のEU離脱協定案は英下院で否決され、 そして、英メイ首相の不信任案も否決されました。 つまり、今の離脱案には反・・・

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

このページの先頭へ