トレードシナリオ18/6/18。地震の相場への影響は限定的

EURJPY

・現状

遅行スパン陽転、赤色スパン、-0.5σ下にあり、トレンド不明

・シナリオ

東京時間前に地震が起きましたが、
相場への影響は限定的になっています。

もしも余震が起こるようなら
多少円買いに振れるかもしれません。

1時間足の遅行スパンは陰転していて売り目線ですが、
15分足の遅行スパンは陽転していてチグハグです。

この後、遅行スパンが陰転するようなら
直下のオレンジラインまでをショートで狙っていきます。

逆にロングは、直上のオレンジラインを越えてからでしょうか。

もしくは、9時過ぎの長い陰線の始値を越えるようなら
ブレイクフェイクのパターンも狙えるかも知れません。
fxEURJPY180618

EURUSD

・現状

遅行スパン陰転、赤色スパン、-0.5σ下にあり、下降トレンド

・シナリオ

寄付きはギャップダウンで始まり、
窓を埋めないまま売り優勢の展開になっています。

1時間足の遅行スパンも陰転していて、まずは売り目線ですが、
直下のオレンジラインに到着する前に
戻り売りのパターンになってくれるかどうかです。

ロングの可能性もありますが、
+0.5σを越えてからでしょうか。

1時間足以上の大きな時間足では
俯瞰的な下降トレンドが継続しているので、
ロングは慎重に見てきます。

地震に便乗してデマ情報を拡散する輩がいるとか、、、
皆さん、情報の発信源はきちんと確認しましょう。
fxEURUSD180618

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ