監視終了18/10/22。イタリア問題でユーロが右往左往

EURJPY

fxEURJPY181022END
15時台にユーロ急騰し、
本日の1時間足の遅行スパンは陰転しないだろう
と思っていましたが、
ロンドン時間以降は一方的な下降トレンドとなり、
まさかの陰転で一番下のオレンジラインまで
届きそうな勢いです。

急騰の起点となったオレンジラインを下にブレイクした時点で
ショートできたんですが、
その時はまだ1時間足の遅行スパンが陰転しておらず、
マイルールに逸脱するので仕方なく見送り。

結局ノートレです。

EURUSD

fxEURUSD181022END
こちらは先の記事で書いた通り、
15時台の急騰の起点となった長い陽線の下割れでショートです。

1時間足の遅行スパンもローソク足に絡みつつある状況だったので、
まぁ、ルールの許容範囲内でしょう。

ポジション保有後はジリジリとした下降トレンドとなり、
一番下のオレンジライン到着でポジションの半分を利確。

残りのポジションは24時丁度にタイムアウト利確決済となりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ