損切りは自分で決める。利確は相場が決める

皆さんはエントリーした後、
何を考えていますか?どんな行動をしていますか?

 

「もう少し早く上がってくれないかなぁー」
「まずい!下げてきちゃった!?損切りになるかも!?どうしよう!?」
「今日はリスク回避の動きなんだからUSDJPYは下げるはず」

など、いろいろ考えてませんか?

 

ポジションを持った後に自分の意思で行える事は、たった一つの事だけです。
それは、、、

 

「損切りすること」

 

これだけです。
ポジションを持った後に自分の意思で行える事は、これだけです。

 

デイトレに限らず、スウィング、ポジショントレードなど時間軸に合わせて、
いろいろな手法があり、その中には分割エントリーしてリスク分散したり、
ヘッジを駆使したり、なんとか損切りを避けようとする手法もありますが、
順張りの手法である限り、エントリーした後自分ができることといえば、
後はクローズすることだけです。

 

しかも、損小利大を目指すなら、利益の拡大は相場の動きに従う事になります。
例えばロングしている場合、相場が上がっているのなら、基本キープのまま、
そこには自分の意思は関係ありません。相場の意思だけです。

 

そして、損小利大を目指すなら、損切りは自分の意思になります。
例えばロングしている場合、相場が下げてきたら、損切りするだけです。
そこには相場の意思は関係ありません。自分の意思だけです。

 

ポジションを持った後に、自分が何を考えようが、何をしようが、
そんなことは相場の動きには、

 

全く関係ありません。

 

当たり前といえば当たり前ですよね。
超能力者でもない限り、自分の意思が相場に通じる訳がありません。

 

でも、この当たり前の事を心底理解していないから、
レートの動きに心が動揺してしまうんですよね。

 

もしこの当たり前の事を、潜在意識のレベルにまで深く理解できていると、
ポジションを持った後には、何も考えなくなり、何もしなくなり、
ハラハラドキドキすることなく、ただぼーっとレートの動きを
眺めているだけになります。

 

おそらくこれが一番理想的な心理状態だと思います。
ただそれが難しいんですけどね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ