損切り貧乏への対処法

損切り貧乏に悩んでいる方は結構いらっしゃいますよね。

 

自分の望む方向とは逆にレートが動いてしまった場合、
少しの含み損でも我慢できなくなり、
予定よりも早めに損切りを実行してしまう事です。

 

毎日のトレードの中で
こうした小さな損失が積み重なってしまい、
利益の総額よりも損失の総額の方が上回ってしまい、
トータルでは負けてしまっている人の事です。

 

しかし、これは別に解釈すると、
大負けする可能性が低いトレーダーであるという事もいえます。

 

相場で負けている人の多くは、
損大利小のパターンになっています。

 

つまり、勝つときは小さくしか勝てず、
負けるときには損切りができず大きく負けてしまうパターンです。

 

普通の人間の心理状態でFXなどの投資行動を行えば、
誰だって、この損大利小のパターンになるはずです。

 

しかし、損切り貧乏の人は、
ある意味、普通の人の心理状態ではなく、
投資行動に向いている心理状態を持っているともいえます。

 

トレーダーとして一番やってはいけない”大負け”という行為を
心理的に既に克服している人です。

 

ですので、こういう人は、自分の取引履歴を検証し、
損切り位置の有効性を確認する作業を行えばよいと思います。

 

自分が損切りした理由は、
僅かな含み損にも耐えられなかったからなのか?
それとも、予定通りの位置での損切りだったのか?

 

トレンドが継続しているにも関わらず、
僅かな押し、戻りで損切りしていないか。

 

あなたの損切りした位置は、
もしかしたら他の参加者の絶好の押目買い、または戻り売りの
ポイントになっている事もあります。

 

基本的な考え方としては、
トレンドが変わってないと判断できるならば、
ポジションはキープすべきです。

 

トレンドの継続、転換の判断は
オシレータ系の指標では判断しにくいと思います。
一番良い方法は、やはりチャートそのものの形状を見て判断する事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ