スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~GWは円買いというアノマリーも

先週はゴールデンウィーク真っ最中の相場となりましたが、
市場のニュースでは特に大きな話題は無かったですね。

週末には米雇用統計があり、市場予想を下回る内容に、
初動はドル売りで反応したものの、それも一時的となっています。

しかし、今回の結果を受けて、
利上げペースは遅くなるという認識が広がっており、
6月の利上げの可能性もなくなりつつあるようです。

では今回は、週初に上昇トレンドが明確となっていたEURUSDを復習してみます。

以下は、先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16050801
週初は青色ゾーンに乗った綺麗な上昇トレンドでしたが、
週の半ばに遅行スパンが陰転し、青色ゾーンも割ってからは、
途中、持合場面を挟んで、下降トレンドへ移行しています。

毎回こんな風に綺麗にトレンド転換してくれると、
環境認識もしやすいんですが。。。

サブウィンドウの通貨の力関係を見ると、
週初はユーロ買い、ドル売りとなっているので、
EURUSDの通貨選択は間違っていないでしょう。

週中からは、ドル買いへと転換し、ポンド売りが継続していたので、
GBPUSDのショートが狙い目だったでしょうか。

また、”ゴールデンウィークは円買い“というアノマリーがあったようですが、
このサブウィンドウのラインを見る限りにおいては、
それほど円買いが強まっていた形跡はありませんね。

週末の大引け時点では、

USDJPYEURGBP

という強弱ですが、USDの現在の強さは単なる買い戻しっぽいので、
それほど長続きしないかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ