FXチャート問題3 あなたならどうしますか?


日付、価格帯、時間軸、通貨ペア、全て表示していません。
MA21とボリンジャーバンドの±1σだけです。

安値圏からは、かなり上げてきていますね。
高値警戒感もあるかもしれません。

あなたはノーポジです。

この後、チャートがどうなったら、
どのように行動しますか?
(下の画像を見ずに考えてね)

 

 

 

 

 

 


先のチャートは、
2012年7月6日付近のUSDCHFの1時間足のチャートでした。

 

一応、オレンジのラインを引いてみました。

 

急騰後に横ばい、狭いレンジ状態が続いていました。
ボリンジャーバンドも徐々に狭くなり、
かなり絞り込まれてきました。

 

それを長い陽線により、上抜けていきました。
これはセオリーどおりの動きといえますね。

 

持合からのレンジブレイクです。
抜けた方についていくのが鉄則ですね。

 

ですが、もしこれがリアルの相場だとしたら、
チャートの右端でこの持合をブレイクする動きを見た時に、
本当にロングでエントリーできますか?

チャート的には、ほとんど調整の下げを見せることなく上げ続け、
かなり高値圏にまできている事が分かります。

 

もしこの状態でレンジの上抜けを見たとしても、
「さすがにこの位置から入るのは遅いのでは?」とか、
「今度の上げはダマシになる確率が高いのでは?」とか、
余計な心理が働くと思いませんか?

 

多分ほとんどの人が、知らず知らずのうちにそういう心理が働いていると思います。
で、エントリーを控えたり、エントリーが遅れたりします。

 

検証に基づいた高値警戒感なら良いのですが、
ただチャートを見ただけの値ごろ感だけの高い、安いという判断は
なんの優位性もありません。

 

トレンド相場で利益を上げるなら、トレンドが続く限り
その動きには乗っていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ