スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~イエレン氏発言で流れ変わる

先々週は米の利上げに前向きな要人発言が続いたことで、
巻き戻しのドル買いが優勢でしたが、
先週は再びドル売りが優勢となっています。

その原因となったのは、イエレンFRB議長が利上げに慎重姿勢を示した講演ですが、
それ以降はドル売りがメインとなって相場を動かしていますね。

週末には米雇用統計もあり、内容的には割と良好な数字が出ましたが、
この発表後にはドル買い反応とはならずに、
週末の大引けにかけて円買いで終わっています。

そのあたりの動きをUSDJPYで復習してみましょう。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16040301
週初は上昇トレンドが残存していましたが、
30日深夜のイエレンFRB議長の発言以降、急激に下降トレンドへ転換しています。

サブウィンドを見ても、この時の下落は赤色ラインが下がっていますので、
円買いではなくドル売りによる下落である事が読み取れますね。

その後しばらくは安値圏での横ばいとなっていましたが、
週末の米雇用統計後には再び下落していて、ほぼ最安値で大引けを迎えています。

この時の下落は白いラインが上がっていますので、
ドル売りではなく、円買いによる下落である事も読み取れます。

しかし、全般的にはあまりトレードに向いている状況ではなかったでしょうか。

ロンドン時間から深夜0時ごろまでのデイトレタイムに限っては、
どの曜日もそれほど明確なトレンド状態ではなかったので、
USDJPYでのトレードはやりにくかったと思います。

週末にかけてはポンド売りが目立っていますが、行き過ぎ感もあるので、
今週はポンド関連の戻り売りがメインでしょうか。

また、ドル売り基調も継続しそうなので、
USDJPYは売り目線で、EURUSDは買い目線となりそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ