スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~行き過ぎた円買いの買い戻し週

先々週は一方的な円買いトレンドの週でしたが、
先週はその動きも収まって、買い戻しが優勢な週となりました。

特に大きなニュース、材料は出なかったようですが、
本日ドーハで行われる原油の増産凍結協議への思惑によって
原油相場が上昇した事が買い戻しにつながったと解説されているようですが、
実際のところは分かりませんね。

先週に関しては、リスク回避ムードは後退していましたが、
円関連の通貨ペアの日足チャート、4時間足チャートを見ると、
まだまだ全般的には下降トレンドが優勢なので、
円買いの動きには注視しておきたいところです。

では、先週の動きをUSDJPYで復習してみましょう。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
cpb16041701
このチャートだけを見てみると、上昇トレンドの場面が多いですが、
先ほども書いたように、この動きはあくまでも買い戻し
という位置づけで捉えています。

なので、本道は下降トレンドと思っていたんですが、
思った以上に買い戻しの力が強くて、
ショートで仕掛けられる場面は少なかったですね。

サブウィンドウのラインを見ると、
週初はまだ円買い、ドル売りの状況だったので、
USDJPYのショートを狙うのが妥当な判断だといえましたが、
徐々に、円売り、ドル買いに変化している事が読み取れ、
当初の狙いを変更すべきだと分かります。

特に、JPYの強さを表す白色ラインとUSDの強さを表す赤色ラインが交差して、
USD>JPYとなってからは目線は上に変更すべきですね。

そして、週末には再び円買いが強まっていますが、
同時にユーロ売りも起きている状況なので、
今週はまずは、EURJPYのショートが狙い目といえるでしょう。

また、熊本で起きた地震の影響、被害状況が明らかになってきましたので、
それによる海外勢の動きにも注視しなければいけないでしょう。

もしかしたら、大口トレーダーが円買いで責めてくるかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

自作EAテスト中




このページの先頭へ