スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~メール問題で市場の雰囲気が一転

先週は前半リスク選好、後半リスク回避という流れでしたね。

週初は、先々週の米雇用統計を受けたドル買いが継続していましたが、
週半ばに、トランプ大統領長男のメール問題をきっかけとして
リスク回避の動きに転じました。

それに続いて、
ブレーナー知事のハト派的な発言、
イエレンFRB議長の議会証言、
週末には弱い米小売売上高と
次々と弱気な材料が出現し、
市場はリスク回避の度合いを強めたまま
週末を迎える事になりました。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17051601
スパンモデルの雲の色からも明らかですが、
前半が上昇トレンド、後半が下降トレンドですね。

よって、
前半は、青色ゾーン付近からの押目買い狙い、
後半は、赤色ゾーン付近からの戻り売り狙い方針で
臨むべきだったでしょう。

今回のように、分かりやすくトレンド転換してくれると
トレードもしやすいんですが。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
先週はリスク主体の動きだっただけに、
やはり、前半はJPY買い、後半はJPY売りとなっています。

また、JPYと相反するように、
前半はUSD買い、後半はUSD売りとなっている事も読み取れます。

さて月曜からの相場ですが、
このままドル売り円買いが継続するのかに注目です。

一応、USDJPYの日足チャートでは、
半月ほど続いていた+1σに沿った巡航速度の上昇トレンドが
崩れたチャート形状となっているので、
ここからは持合に移行する事も考えらえます。

USDJPYの日足チャート
usdjpy1d17071602

来週の日足ローソク足5本分のイメージは、
上値はオレンジライン付近、
下値は200日位置移動平均線
もしくは、ボリンジャーバンドの-2σ付近でしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ