スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ハリケーンの影響が思った以上に!?

先週もリスク回避が優勢な相場展開が続きましたが、
その原因は相変わらずの北朝鮮と、
そして、米国内でのハリケーンでした。

日本にとっては地理的に近い北朝鮮問題の方に
注目しがちですが、やはりアメリカにとっては実際に
被害にあっているハリケーンの方が注目度が高いんでしょう。

報道によると、連続してやってくるハリケーンの被害により、
米経済にも深刻な影響を与える可能性があり、
それにより利上げ時期が遠のくとの思惑もあって、
それがドル売りにつながっているようです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、赤色四角枠を記述していますが、
 これはマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17091001
週明けはギャップダウンで始まり、
そのまま窓を埋めることなく
ほぼ売り優勢のまま大引けとなっています。

見ての通り、週をとおして赤色ゾーンだけで、
しかも、遅行スパンも陰転状態の場面が多かったので、
ショート指向で臨んでいけば問題なかったですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、ハリケーンの影響なのか、USD売りが目立っています。

それに対して、強い通貨としては
週初はJPY買い、週中以降はGBP買いでしょうか。

一瞬だけEUR買いも見られますが、
これはドラギ総裁会見によるものなので、
テクニカル的なトレーディングに当てはめるのは難しかったでしょう。

さて、来週ですが、
ハリケーンの被害がどの程度なのか、
そして、北朝鮮が新たな行動、声明をするかどうか、
でしょうか。

ドル円の日足チャートを見ると、
去年11月水準まで下がってきていますし、
やはり、方向性としては、
ドル売り、円買い傾向の可能性が高そうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ