スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~次の材料探しか?

先週は仏大統領選挙を受けて、
ユーロクロスの通貨ペアのほとんどは寄付き時、
ギャップアップで始まりましたが、
結局よく見られる “Sel the Fact” というパターンになり、
その後はユーロ買いが進行する事はありませんでした。

市場は次の材料探し的な雰囲気となっていて、
米利上げや某国の核実験などもニュースに出てきたようですが、
特に新鮮なネタでもないので市場は大きな反応は示さなかったようです。

という事で、
今回は先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17051401
全般的な流れとしては、週前半は上昇トレンドで、
週後半にかけて調整で下げてきています。

しかし、4時間足チャートや日足チャートで見ると、
まだ上昇トレンドが残存しているので、
基本的には上目線で見ていきたい局面でしょうか。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
先週までのEUR買いの流れが収まっている事が確認できます。

全般的にUSD買い、JPY売りの場面が多かったので、
通貨ペアの選択としては、やはりUSDJPYが妥当だったでしょうか。

しかし、終盤には一転してJPY買い、USD売りで大引けを迎えているので、
今後、4時間足、日足のトレンドに従うのなら、
JPY売り、USD買いに転じる場面には注目です。

さて、月曜からの相場ですが、重要な経済指標は無いようなので、
要人発言に注目でしょうか。

そして、もしも某国が核実験をしたら、、、
各国の対応によっては急激なリスク回避の動きに警戒です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ