スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~4時間足レベルでのスクイーズ

先週のUSDJPY、EURJPY、EURUSDはどれも動意薄の状態が続いて、
トレードするには難しい相場状況でしたね。

4時間足レベルでは上記3通貨ペアは
全てスクイーズ気味の推移となっていて値幅が出ていません。

週末には米雇用統計の発表がありましたが、
予想通りの弱い結果で、ドル買い円売りの流れとなって
ようやく動き出すのかと思いきや、
北朝鮮ミサイル問題がまたしても浮上して、
すぐにドル売り円買いに転換して、
トレンド発生が止められてしまったようです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17100801
青色ゾーン赤色ゾーンが交互に出現し、
遅行スパンも陽転、陰転を繰り返し、
明らかに方向感なく推移している事が分かります。

±0.5σも週をとおして横ばいとなっており、
4時間足レベルでもトレンドになっていませんので、
大きな時間足の助けも得られない状況では、
トレンドフォローは難しいですね。

しかし、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
先週はGBP売りが目立っていたので、
GBP関連の通貨ペアでトレードすべきだったと分かります。

相手方の通貨選択はJPYにするか、USDにするか迷いますが、
仮にJPYにした場合は以下のような
GBPJPYの1時間足チャートでトレードすることになりますので、
ショートがやり易かったでしょう。
cpb17100802
私も先週は主要3通貨ペアでのトレードが難しかったので、
サブで監視しているGBPJPYでのトレードが多めになりました。

さて、月曜からの相場ですが、
まずは週末に北朝鮮が本当にミサイルを発射するかどうかです。

この記事を書いている段階では、
まだのようですが、仮に発射するようなら
週初の円関連の通貨ペアは、
円買いによるギャップダウンになるんでしょう。

そして、これまでの流れを踏まえるならば、
その後すぐに戻すんでしょうね。

また、国内では衆議院選の公示も行われますが、
今回の選挙は市場にそれほど大きな影響はないでしょう。

おそらく底堅い動きとなり、
現在のスクイーズはおそらく上放れかなぁー、
とも思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ