スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~ネガティブ要因多いがリスク回避とならず

先週は、北朝鮮のミサイル発射、米雇用統計、シリア空爆、
そして、米中首脳会談と多くの材料がありましたが、
どれも相場にとってはネガティブ要因ばかりでしたね。

本来こうした材料が出てきたら、
市場はリスク回避の円買いドル売り方向へ進むケースが多いんですが、
なぜか今回はどんな悪材料にも反応が鈍いです。

悪材料が出てきてもリスク回避の動きにならないという事は、
今の市場は潜在的にリスク選好になりたがっている、
とも解釈できますが、果たしてどうなんでしょうか。

それにしても、
トランプ大統領は “アメリカファースト” を唱え、
自国内の政治経済を最優先させて他国の関与は控える、
と言っていたのに、率先してシリア空爆を行うとは。。。

う~ん、よく分かりません。

では、先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17040901
週末にようやく下向きにブレイクしましたが、
それまでは週をとおして狭いレンジ相場となっていましたね。

レンジの上限と下限にオレンジラインを引きましたが、
その間の距離は約50PIPS程度しかないです。

これほど値動きが少ない状態では、ハッキリ言って
トレードできるような状況ではないです。

ルール上は、買い目線や売り目線になったりしますが、
サポレジなどの環境認識の立場からするとトレード対象外ですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週ととおして明確な方向性を見せた通貨はありませんでした。

週初に多少JPY買いが目立った程度でしょうか。

また、大引け間際にはUSD買いが強く出てきましたので、
その流れが今週も継続するのかに注目です。

さて、米中首脳会談の結果はどうなったんでしょうか。

報道によると、
トランプ大統領と習主席がともに出席した夕食会のその場で
トランプ大統領はシリア空爆を実施した、
と言われています。

米はシリア反政府軍を支持していて、
中国はシリア政府を支持しています。

習主席はその時どんな気持ちだったんでしょうか。。。

週末のニュースを受けて、
週明けの寄付きがリスク回避の動きになったとしても、
これまでの市場の雰囲気からすると、
おそらくそうした動きは一時的に収まるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ