スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~利上げ確実ですがドル買いとは限らない

先週はトランプ大統領の議会演説が注目イベントでしたね。

流れとしては、
週前半は、トランプ大統領の演説を控えて、警戒感からのドル売り反応
週後半は、イベント通過による安心感からのドル買い反応
という感じでしょうか。

しかし、演説内容はどうだったんでしょうか。

以前、トランプ大統領が話していた
“目を見張るような税制改革案”は出されたんでしょうか。

ニュースを見てみると、そうでもないような、、、?

という事で、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17030501
週前半は弱含みの展開でしたが、
週半ばからは上昇トレンドに転換しています。

仮に、週前半の持合時のトレードで上手く行かなかったとしても、
週後半のトレンド相場で挽回できましたね。

慎重に行くのなら、4時間足レベルの+0.5σ上でロング、
-0.5σ下でショートという条件を加えても良いでしょう。

次に、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはりトランプ大統領の演説以降はUSD買いが目立っています。

そして、何気にGBP売りも継続していましたので、
こういう週は、GBPUSDのショートが狙い目となります。

さて、トランプ大統領の演説以外では、
要人による利上げに対する前向きな発言も相次いでおり、
3月のFOMCでの利上げが確実視されるようになってきました。

昨日の土曜日には、イエレンFRB議長も
「経済が予想通りなら3月利上げは適切」
と発言しました。

これで、今週の米雇用統計がよっぽど悪い数字にならない限り、
3月の利上げは、ほぼ確実でしょう。

しかし、利上げするからと言って、
中長期的にドル買いが進行するとは限らないのが
為替の難しいところです。

市場はすでに、”3月利上げのその先”を見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ