スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~某国が何も起こさずドル買い傾向

先週は、某国が何も行動しなかった事と、
イエレンFRB議長の利上げ前向き発言により、
ドル買いが優勢な展開となりました。

これまでのニュースの流れを追っていくと、
どうやら12月のFOMCでの利上げが確実視されているようで、
それを織り込むようにドル買いが進行しているようです。

また、日本では衆議院が解散されましたが、
特段、円に反応するわけでもなく、
こちらには市場は無関心というか、
大きな波乱はないだろうと思われているんでしょうね。

という事で、
先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17100101
週初から明確な下降トレンドとなっており、
赤色ゾーンがレジスタンスラインとして効いていることが分かります。

こういう時は素直に赤色ゾーン付近からの戻り売りとなりますが、
どんな手法を用いたとしても、
ショート主体で見ていけば特に問題は無かったでしょう。

また、週中以降は、
Wボトムを付けてからのネックライン越えとなり、
遅行スパンの陽転、青色ゾーンへの転換へと続き、
トレンド転換としては分かりやすいパターンでしたね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
今回のEURUSDの下落というのは、
週初はEUR売り主体であり、
週中からはUSD買い主体に切り替わっている事も読み取れます。

週初のJPY買いは某国外相の発言によるリスク回避の動きですが、
これは一時的なものに収まっており、
それ以降のJPYには方向感は出ていません。

さて、今週からは10月相場に入りますが、
週末には米雇用統計が控えています。

今回の米雇用統計ではハリケーンの影響が必至で、
市場予想も弱気なものが多いですね。

このような、事前に弱気に傾いている時には
よっぽどのネガティブサプライズ的な数字でない限り、
発表後はドル買いに傾きやすい傾向があると思っているんですが、
果たしてどうなるでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ