スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~今度は情報漏洩問題ですか

今度は情報漏洩問題ですか、
トランプ大統領は本当にいろんな材料を市場に提供してくれますね。

今回の問題は、ロシア疑惑、ロシアスキャンダルとも言われているようで、
「もしかしたらトランプ大統領の弾劾もあるかも」
と市場は先読みして、
一気にドル売り円買い反応となりました。

週末に向けては、新たな展開がなかった事で
ひとまず落ち着いてはいますが、
今回の情報漏洩問題に関しては
どの程度の期間、市場が話題にし続けるのかは、
よく分かりませんね。

すぐに忘れ去られるのか、それとも、
新たな真実が発覚して長引くのか、、、

私としてはどちらでも良いですが、
チャートの乱高下だけは避けてほしいです。

という事で、
今回は先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17052101
週前半は方向感なく推移していましたが、
情報漏洩問題を受けて一気にリスク回避の動きとなって急落しています。

赤色四角枠はショート領域ですが、戻り売りだけを狙っていたら、
エントリーできないケースも出てきたでしょう。

ブレイク狙いとするか、戻り売り狙いとするか、、、
このような急落時には判断が難しいですね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初はEUR買いが目立っていましたが、
週中からはUSD売り、JPY買いへ変化している事が分かります。

また、GBPに関しては、珍しく週をとおして、
それほど目立った強弱は発生していなかったですね。

さて、月曜からの相場ですが、引き続き、
情報漏洩問題関連のニュースが出てくるでしょうから、
その際の市場の反応に注目です。

また、何気にユーロが強く、
EURUSDが日足レベルで明確に上昇トレンドになっているので、
その流れが今週も継続するのか見極めたいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ