スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~方向感定まらず

先々週はドル売りで大きく動きましたが、
先週はドル売りも一服して方向感が定まらない週でしたね。

某国のミサイル発射報道も新鮮味がなくなってきたようですし、
トランプ大統領関連の追加の疑惑報道もなく、
また、目立った要人発言もなく、
ニュースも小粒なものばかりでした。

早くも今週末の米雇用統計を見据えているわけでもないと思うんですが、
主要通貨ペアには明確なトレンドは見られませんでした。

という事で、
今回は先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17052801
週初は前週の流れを踏まえての安値圏からの横ばいから始まり、
週中に一旦持ち上がるも、週末に再度下落しています。

一応、スパンモデル的には
ロング優位な場面、ショート優位な場面も見られますが、
利大を目指していると反転に捕まってしまっていたでしょう。

4時間足レベルでも方向感がなく、
先週はMTF的にもトレードしづらい週だったようです。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初はEUR買い、週中はJPY売り、
週末にかけてはGBP売りとJPY買い
というように通貨の強弱が変化しています。

USDJPYの組み合わせに関しては、
週をとおして目立った強弱がなかったので、
トレード対象としては不向きでしたね。

さて、月曜からの相場ですが、
突発的なニュースが出ないとなると、
週末に向けての米雇用統計が意識されていくんでしょう。

特に悪い数字でなければ、
6月の利上げは確実になるんでしょうね。

現状、ドルに関してはそれほど利上げを
織り込んでいるようにも見えないんですが、
はたして米雇用統計後はドル買い気運が高まっていくんでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ