スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~方向性に欠ける展開

先週は週末のジャクソンホール会議が意識されたのか、
レンジ的でボラティリティの少ない展開が多かったですね。

そんな中、
いつも通りの北朝鮮リスクやトランプ大統領発言のリスクが
手を変え品を変え、市場の話題として取り上げられてはいましたが、
根本の問題は一緒なので、ネタの新鮮味は無く、
多少レートを上下に振る程度で、
トレンドや暴騰暴落に発展する事もなく1週間が終了した感じです。

しかし、週末のジャクソンホール会議での要人発言で
市場は一気に高ボラティリティになったので、
月曜から動きには注目です。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17082701
見た目でも分かるとおり、
上下に振れるだけのボックス相場の展開であると分かります。

スパンモデル的にも、遅行スパンの陽転陰転の切り替えが多く、
雲も青色ゾーン赤色ゾーンの入れ替えが多く、
順張りで仕掛けても、利大を追求した場合は上手く行かなかったでしょうね。

こういう相場の時には、
更に大きな4時間足や日足の動きを考慮したり、
サポートラインやレジスタンスラインに注目して
トレードする必要があります。

サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、USDJPYとでは週をとおして明確な強弱の差は見られません。

全般的には、EUR買いとGBP売りが強く出ているので、
EURGBPのロングがやり易かったでしょう。

実際にチャートを見てみると、
EURGBPの1時間足チャート
cpb17082702
このような上昇トレンドとなっていました。

さて、月曜からの相場ですが、
ジャクソンホール会議後のドル売りユーロ買いが継続するかどうかに注目です。

また、週末には米雇用統計が控えていますが、
その頃にはジャクソンホール会議でのイエレンFRB議長の発言は
忘れ去れているはずですので、
数字が良ければ単純にドル買いで反応すると思っているんですが、
果たしてどうなるでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ