スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~悪材料が多かったが意外と堅調

先週は北朝鮮のミサイル発射問題でリスク回避の動きが強まり、
USDJPYは108円前半まで下げました。

アノマリーという訳でもないですが、
USDJPYの下攻めは日本時間の早朝に起きる事が多いですね。

また、週末には米雇用統計があり、
予想を下回る内容であったものの、
発表後は底堅く推移しています。

先週は北朝鮮のミサイル発射問題と米雇用統計が主要な材料で、
どちらも悪い方へ受け止められてもおかしくなかったですが、
実際にはリスク回避の動きは一時的ですぐに戻しています。

こうしたチャートの動きを見ると、
市場はリスク回避の動きになりたがっていない印象を受けますね。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17090301
火曜日早朝に急落しており、
これが北朝鮮のミサイル発射による反応ですが、
思ったほど下げなかったですね。

北朝鮮問題に慣れてしまったせいもあるかもしれませんが、
この108円前半はUSDJPYの日足チャートにおける
サポートラインとなっているので、
それが効いている可能性もあります。

その後はきれいに反転上昇しており、
青色ゾーン上にある間はロング指向で臨めば問題なかったでしょう。

サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初は、EUR買いUSD売りでしたので、
EURUSDのロングが狙い目でしたね。

週中はJPY売りが目立ち、週末に向けては米雇用統計を控えて
徐々に通貨の強弱が不明になっていく様子も分かります。

さて、月曜からの相場ですが、
ECB理事会が注目イベントになるでしょう。

最近のユーロ高は量的緩和縮小を先取りした動きのようですが、
今回の理事会で具体的な議論がなされるのかどうか、です。

ユーロのボラが高くなりそうですが、
乱高下にはなって欲しくないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ