スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~USDJPYの日足の抵抗線が意識されてる?

先週は大きな材料が出なかったためなのか、
全般的に値動きが狭くボラティリティの小さい相場展開でした。

そんな中、私はUSDJPYの日足チャートでの
レジスタンスライン付近の攻防に注目していたんですが、
先週もブレイクできなかったですね。

USDJPY日足チャート
usdjpy1d17111201
市場がニュースで動くのか or テクニカルで動くのかは、
その時々の状況によりますが、
上記のような日足レベルでのレジスタンスラインは
多くのトレーダーに意識されているはずです。

先週に関しては、ドル買い材料、円売り材料が出なかったので、
レジスタンスラインからの反転下落の勢力に軍配が上がったようです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17111202
週初から緩やかな下降トレンドのままで週末を迎えていますが、
それを先の日足レベルでは、レジスタンスラインからの反転下落
と解釈できるわけです。

遅行スパンが陰転している場面が多く、また、
赤色ゾーンの下に価格が存在している場面が多かったので、
全般、売り目線で見ていれば問題なかったですが、
利大を目指すのは難しかったでしょうね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、ボラティリティが小さかったためか、
週をとおして明確な強弱は見られませんでした。

あえて言うなら、
USDが徐々に弱含んでいる傾向が読み取れるくらいでしょうか。

さて、月曜からの相場ですが、
引き続き、USDJPYの日足レベルのレジスタンスラインに注目します。

現状、明確なドル売り材料、円買い材料がないので、
今回の攻防では、近いうちに抜ける可能性が高いと思っているんですが、
はたしてどうなるでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ