スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~全般、調整の動き

先週はNYダウも日経平均も軟調に推移し、
これまでの上昇に対する調整の動きを見せましたが、
それにつられてなのか、為替ではドル売り円買いの場面が多かったですね。

一応、米の税制改革案に関する不透明感や
ロシアゲート疑惑などが話題に上がりましたが、
これらは特に大きな材料というわけでもなく、
これまでの蒸し返しですので、目新しさには欠けた印象です。

そんな中、独GDPが予想以上の数値だった事を受けてユーロ買いが進行し、
EURUSDはユーロ買いとドル売りの相乗効果で上値を伸ばしています。

という事で、
先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17111901
週初は持合で推移していましたが、
14日の独GDPを受けてユーロ買いとなり、上昇トレンドとなりました。

しかし、日足レベルの前回高値であるオレンジライン付近で頭を抑えられ、
その後は高値圏での横ばいとなっています。

4時間足や日足を見ていたトレーダーの中には、
このオレンジラインのブレイクを狙った人もいたでしょうが、
その場合はダマシとなり損切りになってしまったでしょうね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初はEUR買いで、週半ばからUSD売りにシフトしている事が分かります。

通貨の強弱の観点でいうと、
EURUSDがオレンジラインのブレイクに手間取っていると感じたなら、
GBPUSDの買いやUSDJPYの売りに変更した方が良かったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
23日は米感謝祭、24日はブラックフライデーとなっており、
週末にかけて市場参加者が少なくなりそうです。

また、大きなイベントもないので、
突発的な事件、ニュースが出ない限りは
限定的な動きにとどまりそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ