スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~米中間選挙通過で安心感

先週の注目イベントは何といっても米中間選挙でしたね。

結果的には上院では共和党が過半数を、
下院では民主党が過半数となり、
事前の予想通りで無難に通過してくれました。

選挙後の市場の反応としては、
イベント通過の安心感からなのか、ドル買いに回帰しており、
やはり、ドルの先高観は継続中のようです。

さらには、FOMCも事前の予想通りで、
12月の利上げもほぼ確実でしょうか。

トランプ大統領が余計な事を言わなければ良いんですが。

という事で今回は
先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18111101
大きく分けると、週前半は上昇トレンドで、
週後半は下降トレンドになっています。

しかし、週前半の上昇トレンドでのトレーディングは難しかったですね。

スパンモデルが細くて下値支持線として機能しているか、
微妙な状況でしたし、途中で米中間選挙も挟んでいたので、
心境的には手を出したくない相場でした。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると
米中間選挙の動向を気にするように、
週前半は徐々にUSD売り、選挙後は徐々にUSD買いとなっています。

更には、週をとおして、GBP買い、JPY売りでもあったので、
GBPJPYのロングが最もトレードしやすかったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
米関連の重要イベントが終わったので、
まだ問題山積のままとなっているブレグジット問題に
焦点があてられるでしょうか。

市場の反応としては、ポンド買いが継続しているので、
楽観的に捉えられているようですが、要人発言には注意です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ