スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~景気減速を先読み?

クリスマスに向けて市場参加者が少なくなるので、
先週はあまり動かないのではないか、と思っていましたが、
予想に反して大きく動きましたね。

その原因とされるのが、米を中心とする景気減速懸念の思惑。

米の経済指標はまだまだ好調ですし、
FOMCでも予定通りの利上げを行ったにも関わらず、
市場は先回りして行動する習性があるので、
早くも世界的な景気減速を織り込みにきているのかもしれません。

NYダウも日経平均も年初来安値を更新してきましたので、
もしかしたら年単位での株式市場の
下落サイクルに入った可能性もあります。

となると、USDJPYやクロス円は来年以降は軟調でしょうか。

まぁ、先のことを予想しても意味は無いですね。
トレーダーの立場としては、今に集中です。

という事で今回は
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、赤色四角枠を記述していますが、
 これはマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18122301
特に難しくない分かりやすい下降トレンドですね。

スパンモデル的にも赤色ゾーンだけであり、
且つ、遅行スパンもほぼ陰転状態で、
ショートだけを狙っていけば良い相場でした。

こういう易しいチャートをしている通貨ペアだけを狙っていけば、
期待値>1が実現できると思いませんか?

サブウィンドの通貨の力関係を確認すると、
やはり週をとおしてJPY買い、USD売りが目立っています。

一般的にUSDJPYはボラティリティが小さく
トレンドも発生しにくい通貨ペアと言われていますが、
先週に関してはUSDJPYが最もトレードしやすかったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
今年の最終週となります。

先週末のNYダウが400ドル以上の下落で大引けを迎えましたので、
まずはリスク回避から始まりそうです。

しかし、クリスマス週であり、FX会社もお休みを取るので、
週前半の市場は閑散としているでしょう。

週後半も無理してトレードする必要は無いですね。

私の個人的なトレードは既に先週の金曜日に仕事納めをしており、
月曜からはチャートを見るだけになります。

年末年始はいつもどおり1年分のトレード履歴をまとめて
自身のトレードを分析、評価していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ