スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~トランプリスクでのドル売り

米経済の堅調ぶりと米中貿易戦争の思惑によって、
最近の相場はドル買いが優勢になっていますが、
とうとうトランプ大統領が為替へ言及してきましたね。

今週末に、米CMBCでのインタビューで現在のドル高への不快感を示し、
また、自身のツイッターでも
「ドル高は競争力を奪う」
と呟いたことで、一気にドルの調整売りが進行しました。

米のファンダメンタルズ的にはドル買い方向なんでしょうが、
不定期に訪れるトランプリスクはドル売りなので、
市場はその狭間で振らされているようです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18072201
週中にかけては堅調に推移していましたが、
週後半はトランプリスクで一気に売られています。

しかし、今回の下落トレンドへの転換は日本時間の深夜だったので、
私のトレード時間枠のデイトレレベルでは影響を受けなくて済みました。

なので通常通り、
青色ゾーン上で買い目線、赤色ゾーン下で売り目線で
見ていれば期待値>1のトレードができましたね。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初はマチマチな感じでしたが、
途中からUSD買い、GBP売りとなっています。

GBP売りは週末まで続きましたが、
USD買いはトランプリスクで途中からUSD売りに変わっています。

また、トランプリスクはJPY買いも伴っていると分かります。

ちなみに、USDJPYの日足を確認してみましょう。
usdjpy1d18072202
アセンディングトライアングルのパターンから
そのレジスタンスラインをブレイクしてきましたが、
先週末のドル売りにより、
直近ではそのブレイクしたオレンジラインまで
プルバックしている事が分かります。

さて、ここでレジサポ転換するかどうかに注目です。

オレンジラインでサポートされて反発するようなら
綺麗なプライスアクションとなりますが、
はたしてそのような展開になってくれるでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ