スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~方向感のない相場展開

先週は大きなイベントはなく、
トランプ大統領もおとなしかったので、
方向感が出ない相場展開が続きました。

先々週にトランプ大統領によるドル高けん制発言があったので、
全般的にドルの弱含みの流れが根底にあったようですが、
米のファンダメンタルズを考慮すると、
一方的なドル売りにはなりにくい状況でしょう。

また、週中には米欧首脳会談がありましたが、
米とEUの間の貿易戦争は回避されたようです。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18072901
先々週の流れを受けて下降トレンドから始まりましたが、
先週は安値圏での横ばい状態のままで終わっています。

トレーディングとしては難しい週でしたね。

一応、遅行スパン陰転、且つ、赤色ゾーンの下に
価格が位置している場面が多かったのでショート目線でしたが、
利大を目指してしまうと上手く行かなかったでしょう。

利大を目指すのか、それとも、ある程度の節目でコツコツ利確していくのか、
その判断は難しいですが、私の場合は4時間足や日足のトレンドを
目安にするケースが多いです。

基本的に、4時間足や日足でトレンド状態であれば、
利大を目指していきたいですね。

現在のUSDJPYは、4時間足も日足もトレンドでないので、
そのような時には節目やレジサポでの利確が安全でしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認しても、
やはり、週をとおして目立った傾向は見られないですね。

多少、EUR売りJPY買い気味だったようなので、
トレード候補としてはEURJPYのショートが分かりやすかったでしょうか。

さて、月曜からの相場ですが、
重要イベント満載の週となります。

日銀金融政策決定会合、FOMC、米雇用統計などが
控えているので、大きく動く可能性が高そうです。

トランプ大統領が余計な事を言わなければ、
ドル買い方向が本命だと思います。

仮に、何かしらの発言があって、ドル売りで下がったところは
逆張り仕掛けのチャンスかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ