スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~USDJPYは過熱感も?

先週もドルは堅調に推移しており、
ドル円は一時的に114円台に乗せる場面もありました。

しかし、さすがに過熱感もあるようで、
大引けでは113円台に下げましたが、
それでも底堅い印象はありますね。

欧州圏ではイタリア財政問題やブレグジット問題があるので、
相対的にドルが買われる流れになっている側面もあるでしょう。

週末の米雇用統計は多少弱い数字だったようですが、
現在はほぼ完全雇用の状態であり、
また、ここ数ヶ月は政治色の強い相場状況ということもあり、
通常なら重要イベントのはずが、
今回はあまり材料にはならなかったようです。

という事で今回は
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)

ファンダメンタル的には上目線の方が有利な状況ですが、
では実際にロングできるかどうかというと、
先週はちょっと難しかったですね。

2ヶ所ある青色四角枠がマイルールでロングできる場面ですが、
最初の1ヶ所目は横ばいなので、値幅がとれないです。

また、週中の2ヶ所目はそれなりに値幅がありますが、
急騰したきっかけがISM非製造業景況指数ですからね。

分類分けとしては、テクニカルトレードというより
指標発表トレードになってしまいます。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり全般的にUSD買いになっていることが確認できます。

そして、EUR売りも目立っているので、
通貨ペア選択としてはEURUSDのショートの方が
トレードしやすかったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
米雇用統計の影響はほとんど無いでしょう。

引き続き、イタリア財政問題、ブレグジット問題、
そして、米中貿易戦争などで新しい材料が出てくるかに注目です。

そして一応、USDJPYの日足チャートも確認しておきましょう。

USDJPYの日足チャート
usdjpy1d18100702
+1σに沿った巡航速度の上昇トレンドが
既にローソク足20本ほど続いていますので、
さすがにトレンド後半という認識になってしまいますね。

そして、直上のオレンジラインは去年11月に付けた高値なので、
ここが上値抵抗線になる可能性があります。

また、ボリンジャーバンドもエクスパンションから
内側に向きつつあることも注意です。

更には、NYダウも確認しておきましょう。

NYダウの日足チャート
nydow1d18100703
オレンジラインは今年1月に付けた高値であり、
現在この価格帯での攻防になっています。

NYダウは移動平均線をサポートとして
約3ヶ月間ほど上昇トレンドになっているので、
こちらも、もうそろそろ調整で下げてもおかしくないですね。

つまり、USDJPYもNYダウも日足レベルで高値圏であり、
過熱感があるので、USDJPYをデイトレで臨む場合は、
今後はロングであっても慎重になった方が良さそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ