スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~イタリア財政問題継続中

先週の材料としては、EUがイタリアの予算案を拒否したり、
イタリアの格下げなどが話題として取り上げられ、
全般、ユーロ売りが広がりました。

また、米株急落後の動向も注目されましたが、
現状、ボラティリティが高い状態にあるものの、
とりあえずは戻りを試していて続落する動きにはなっていません。

どうなんでしょう、米経済は好調で、米企業の好決算も続いているので、
今回の急落は、米債利回りの上昇をきっかけとした
単なる利益確定売りなんでしょうか。よく分かりません。

という事で今回は
先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18102101
週初は一時的に買い優勢の場面が見られましたが、
雲は細くて明確なトレンドにはなりませんでしたね。

そして、中盤以降に下降トレンドへ。

この時、
“いつから下降トレンドという認識を持つべきなのか”
というと、
スパンモデル的には遅行スパン陰転、
且つ、赤色ゾーンへ変わった時ですが、
それまでのレンジ相場を見ていると、
すぐに目線を変える事ができないかもしれませんね。

その場合は、先週の始値でもあり、下値支持線でもあった
オレンジラインのブレイクで売り目線でも良かったでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週初は、JPY買い、GBP売りから始まりましたが、
週中以降は、USD買い、EUR売りが優勢になっている事が分かります。

という事で、通貨の強弱の観点でも
EURUSDのショートは最もトレードしやすかったはずです。

さて月曜からの相場ですが、
米企業の決算が本格化するので、
それに米株式市場が反応するかどうかでしょうか。

概ね、好決算が予想されていますが、
これに素直に反応するなら米株式市場の戻り基調継続、
為替も多少リスク選好の円売りでしょうか。

しかし、今は株式と為替の相関性は薄れていますから
為替へはそれほど影響しないかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ