スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~要人発言でドルが振れる

先週の相場はドル売り主体の動きとなり、
USDJPYは、一時108円前半まで下げていきました。

そのきっかけを作ったのは、ムニューシン米財務長官による
「ドル安は米の貿易にとって好ましい」というドル安容認発言ですが、
しかしその後、今後はトランプ大統領から
「強いドルを望む」発言でドルが買い戻されており、
要人発言によってドルが翻弄される展開でした。

また、週末にはダボス会議に出席している
黒田総裁の発言がきっかけで円高が進行しており、
USDJPYに関しては上値が重たいままで大引けを迎えています。

という事で、
先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb18012801
週明けは持合から始まりましたが、
23日に直近のサポートラインをブレイクしてからは
明確な下降トレンドになっています。

この間はショート主体でトレードしていれば問題なかったでしょう。

そして、26日に一気に急騰していますが、
これがトランプ大統領の「強いドルを望む」発言によるドル買いです。

この発言以降はチャートが乱れているので、
あまりトレードしたくないですね。

一時的に、スパンモデル的にロング指向の場面もありますが、
俯瞰的には下降トレンドの戻り場面ですので、
それほどロングに強気になれる状況ではないでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、USD売りが目立っていますが、
それと同時に、GBP買いも目立っています。

ということは、
GBPUSDのロングが狙い目だったと言えるでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
このままドル安が継続するかどうかに注目です。

以下は、USDJPYの週足チャートですが、
現在、トランプ大統領発足後の最安値付近まで
下げてきている事が分かります。

もし、最安値を割るようなら、
久しぶりの週足レベルの下降トレンドになるかもしれません。
usdjpy1w18012802

また、イベントとしてはFOMCや米雇用統計が控えているので、
今週もドル主体で動く可能性が高そうですが、
USDJPYに関しては、上がったところを売られそうな気もします。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

このページの先頭へ