直近2週間の通貨ペア毎の自作EAの成績

長年使っていたアルパリジャパンが使えなくなって、
新たにEAを作成、テストできる環境のFX会社を探していたんですが、
とりあえずFXCMという会社のMT4を使うようにしました。

ここでは手数料が取られるのがネックですが、その分スプレッドは狭いので、
相殺して考えれば、まぁまぁな条件でしょう。

デモ版のMT4に関しては、無期限に使用できるのか、
その辺の記述は書かれていないですが、
ネットで調べてみると、ログインし続けていれば無期限に使用できるらしいので、
まずは、FXCMで暫定的にEAのテスト環境を構築しなおしました。

で、現在まで約2週間ほど、新たなデモ環境で自作EAを動かしているんですが、
通貨ペア毎に成績の差が大きく出ていますね。

まぁ、たった2週間でEAの良し悪しを判断する事はできませんが、
私のEAは順張りトレンドフォロー型なので、
やはりレンジ相場では収益を上げにくくなります。

以下は、私のEA群で構成された「ポートフォリオ1」の通貨ペア毎の成績です。
EA15020801
期間的には、1月20日~2月6日までの約2週間ですね。

薄い赤色がUSDJPYの成績の推移、
薄いアクア色がEURJPYの成績の推移、
薄い紫色がEURUSDの成績の推移です。

全般的に見ると、2週間動かして8.63%の利益なら
トータルで見ると申し分ないですね。

アルパリジャパンで動かしていた約6か月分のデモトレードと合わせて考えても、
あらたなFXCMのMT4でも、その成績の推移は特に問題はなさそうです。

しかし、、、

この「ポートフォリオ1」には、
コードネーム[EA01],[EA05],[EA06]の3つの自作EAが含まれており、
それぞれがUSDJPY,EURJPY,EURUSDの3つの通貨ペアで動かしているんですが、
USDJPYだけが成績が芳しくないですね。
EA15020802

では、なぜUSDJPYだけが成績が悪いのか、、、
それは、ここ2週間のUSDJPYがレンジ相場だからなんですね。

レンジ相場といってもいろんなレンジ幅がありますが、
どうやらこれらEAとは、相性の合わないレンジ幅のようです。

以下はUSDJPYの4時間足チャートですが、ここ2週間分の動きがよく分かりますね。
USDJPY4H15020803
丁度、新たなEAテスト環境を構築しなおした1月20日あたりから
オレンジラインで引いたようなレンジ相場となっており、
やはり、これでは利大を目指す前に反転してしまうケースが多かったようです。

しかし直近では、米雇用統計によって大きく上方へブレイクした様子が見られ、
これによってレンジ相場から離脱したっぽいので、
USDJPYのEAの成績の改善も期待できるのではないかと思っています。

ちなみに、
ここ2週間で一番成績の良かったEURUSDの4時間足チャートを見てみます。
EURUSD4H15020804

途中スクイーズが起きていましたが、それなりにメリハリよく動いており、
このくらいの振幅なら普通に利益が出るんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ