あなたのトレードの弱点はどこですか?

あなたは自分の取引したトレードについて
その基本的なデータは全てエクセルなどに記録して保存していますか?

 

データを取らずにトレーディングを繰り返しても
ほぼ成長する事はできません。

 

自分の取引データをエクセル等に記録しておき、
それらのデータが集まってきたら、いろいろな角度から分析し、
自分のトレードの長所、短所を把握する作業は、
必ず必要になってきます。

 

最低限把握しておきたい項目は、
勝率、PF(プロフィットファクター)、リスクリワードレシオ、の3つです。

 

この3つの項目を把握しておけば、
自分のトレードのどこに弱点があるのか分かります。

 

以下にひとつずつ説明しますが、これは順張りトレードでの説明です。
逆張りだと、多少意味合いが違ってきますので、
順張りトレードをしている人だけ参考にしてください。

 

「勝率」

もしあなたのトレードの勝率が悪いならば、
それば、使用している手法自体が悪い、という可能性が高いです。

 

エントリー位置やクローズ位置を修正すれば改善できるのか、
それとも手法自体根本から見直さなければいけないのか、
過去に集めたデータを元に改善ポイントを探っていきましょう。

 

でも、勝率自体に固執することは好ましくありません。
順張りトレードの場合、勝率が悪くても構わない場合もあります。
それこそ、勝率1割台でもトータルで勝っている人もいらっしゃいます。

 

他のデータとの折り合いを考えながら、勝率改善を計りましょう。

 

「PF」

PF>1なら、現在のトレードスタイルで利益が出ている状態と言えます。
そのまま継続しても構いませんし、データの分析からより向上できる可能性が
あるのなら更なる収益拡大を目指します。

 

もしPF<1なら、現在のトレードスタイルでは損失になっている状態です。
リアルトレードしているなら、デモトレードへ変更して、
自分のトレードの修正作業を行います。

 

「リスクリワードレシオ」

順張りトレードを行うならば、損小利大でなければいけません。
リスクリワードレシオが低い状態というのは、
勝ちトレードの利幅が小さくて、負けトレードの損失幅が大きいという事です。

 

つまり、トレード心理、マインドがコントロールできていない可能性が高いです。

 

勝つ時は、利益を引き伸ばすことができずに、ついついビビって利確。
負ける時は、損失を引き止めることができずに、ついつい遅れがちで損切り。

 

このような心理状態でトレードを行っている可能性が高いです。
トレード手法、スタイルにもよりますが、最低でも1以上を目指したいです。

 

以上、要点をまとめると、

 

勝率が悪ければ、手法の改善を。
PF>1なら実トレード、PF<1ならデモトレード。
リスクリワードレシオが悪ければ、マインド改善を。

 

となります。
あなたの弱点は、手法ですか?マインドですか?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ