スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~EURJPYが日足レベルの高値更新も

先週はクリスマスに向けての週でしたので、
どの通貨ペアも基本的に動意薄だと想定していたんですが、
ユーロが思った以上に買われる展開となりました。

今振り返ってみても、
何かユーロに関するポジティブなニュースが出たわけでもなさそうなので、
原因は不明としか言いようがないですね。

まぁ年末ですし、大口の機関投資家が
ポジション調整的な動きをしたんでしょうか。

やはり、全ての値動きに理由付けするのは困難です。

という事で、
先週1週間分のEURJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb17122401
見ての通り、青色ゾーンをサポートにしながらの
分かりやすい上昇トレンドとなりました。

オレンジラインは日足レベルのレジスタンスラインで、
ここを一瞬越える動きも見せていましたが、
週末に向けて再度割っています。

大引け間際にはようやく売り優勢の状態になりましたが、
時間帯的にこれは無視して良いでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、EUR買いが目立っていますね。

そして、それと上下対称にして、JPY売りも起きていたようです。

USDGBPは、週をとおしてほぼ±0.5σ内での推移となっており、
通貨の流れが全く起きなかったと言えるでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
25日のクリスマスはFX会社は営業しているんでしょうか。

私がメインで使っているFX会社は半日営業ですが、
今週の取引量に関しては相当減るでしょう。

週末に向けては海外のトレーダーは多少戻るでしょうが、
日本のトレーダーはお休みモードとなり、
基本、開店休業状態となりますので、
無理なトレードは控えましょう。

私の個人的なトレードは、先週の22日で終了しており、
今年は既に仕事納めです。

チャートはチェックするでしょうが、
他の作業に時間を充てる予定です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

自作EAテスト中




このページの先頭へ