スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~もうそろそろ自律反発か?

先週も相変わらずなボラタイルな展開でしたが、
特に目新しい材料が出たわけではないですね。

中国に関しては、春節で休みでしたし、
いつものような原油安の再燃と、あとは欧州株の下落くらいでしょうか。

そして、米による利上げ観測の後退がドル売りを誘っているようで、
USDJPYに関しては、上げる材料が全く無い状況となっています。

また、リスク回避の影響で、日経平均株価も連日の大幅安ですが、
このくらいでは、まだセーリングクライマックスとはいえないですね。

株保有者が下落に耐えきれず、恐怖と不安で投げ売り状態になったら、
久しぶりに個別株のスイングトレードをやってみようかと思っています。

では今回は、高ボラティリティーだったUSDJPYの動きを復習してみます。

以下は、先週1週間分のUSDJPYの1時間足チャートです。

チャート内に、青色枠赤色枠がありますが、
青色枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
赤色枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています。

そして、サブウィンドウは、私が独自特典として提供している
MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです。
usdjpy1h160214
見ての通り、週を通してほぼ赤色枠で覆われており、
売りだけやっていれば良い状況でしたね。

11日の木曜日には、為替介入疑惑で一瞬急騰している状況も見えますが、
週末の大引け価格は、そのレート付近まで上げてきており、
明日の月曜日は、まずは調整の戻りを試す展開から始まるんでしょうか。

サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
先週は、ドル売りよりも円買いの方が継続的に強めに出ていますね。

しかし週初に関しては、円買い、ポンド売りとなっていたので、
通貨ペア選択としては、GBPJPYの方が利幅が取れていたでしょうか。

また、週末に行くにつれて、通貨の力関係がなくなっていますので、
まずは、円の動き、サブでドルの動きに注目です。

調整の動き、自律反発の動きに乗るかどうかは、その時のチャート形状次第ですが、
円買い、ドル売りの本道になれば、乗れるようにしたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

自作EAテスト中




このページの先頭へ