スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~思惑でポンド買い継続

先週も米中貿易問題や米政府機関閉鎖問題などがありましたが、
市場を動かしたのは、やはりブレグジット問題でしたね。

英メイ首相がEU離脱修正案を提案したことで、
離脱期限の延長への思惑が広がってポンドが買われたり、
また、その修正案に対して北アイルランドの地域政党DUPが
支持に回ったとの報道もあって
さらにポンドが買われる展開となっています。

しかしあくまでも、”思惑”と”報道”であって、
実際のところは、何の事実も無いのですが、
市場は先回りして行動していきますからね。

ポンド関連の通貨ペアは、
当分の間はいつにも増してボラの高い展開が続きそうです。

ということで、
先週1週間分のGBPJPYの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、青色四角枠を記述していますが、
 これはマイルールにおけるロング指向の領域を表しています)、

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19012701
週初は遅行スパンがローソク足に絡んで方向感不明でしたが、
その後は分かりやすい上昇トレンドとなりましたね。

青色ゾーンもサポートとして機能していたので、
ロングのタイミングも取りやすかったでしょう。

このような分かりやすい通貨ペアだけを相手にしていれば
期待値>1になると思いませんか?

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、GBP買いが目立っていますね。

しかし、それに対して”弱”の通貨選択は
難しかったでしょうか。

週をとおして売られた通貨は無く、
あえて言うならば、EUR売り、JPY売りでしょうか。

なので、GBPJPYのロング、もしくはEURGBPのショートが
トレード対象候補となります。

さて、月曜からの相場ですが、
週末にトランプ大統領が政府機関の閉鎖問題に言及し、
「3週間だけ政府機関を再開する」と表明しましたが、
これは材料になるんでしょうか?

メキシコ国境の壁建設なんて、
実際問題として実現不可能だと思うんですが、
トランプ大統領は拘っていますね。

おそらく3週間後には再び注目されるでしょうが、
政府閉鎖問題、メキシコ壁問題に関しては、
とりあえず一旦は、市場のテーマから外れそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

このページの先頭へ