スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~米小売売上高で一転

先週は米中貿易問題の進展期待から
週前半はリスク選好のドル買い円売りの流れとなっていましたが、
週後半の米小売売上高が予想外の大幅減少となったことをうけて、
相場の雰囲気が一転しました。

さらには、トランプ大統領の非常事態宣言発言も加わり、
終盤には方向感が無くなっています。

一応、トランプ大統領は予算案には著名するようなので、
政府機関の閉鎖は回避されるようですが、
あくまでもメキシコとの壁建設に巨額の費用を捻出したいトランプ大統領と
できるだけ低い費用に抑えたい民主党との”壁”は高いままです。

ということで今回は、
先週分のUSDJPYの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19021701
週前半は堅調に推移し、
青色ゾーンもサポートとして機能していましたが、
米小売売上高が起点となって相場が崩れた様子が分かりますね。

日足、4時間足レベルでも上昇トレンドだったので、
週前半の青色ゾーンに乗った場面ではロング指向で良いでしょう。

しかし、米小売売上高後の売り優勢の場面では、
日足、4時間足のトレンドとは逆向きになりますので、
ショートは慎重になるべきです。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、週前半からUSD買い、JPY売りが目立っているので、
USDJPYのロングが候補となります。

しかしそれも、米小売売上高をきっかけにして
逆向きの流れに変わっています。

GBPは上にも下にも大きく振れていましたので、
トレンドフォローという立場からは
トレード対象通貨としては選びづらかったでしょうか。

さて、月曜からの相場ですが、
トランプ大統領の非常事態宣言の続報、そして、
米中貿易問題の進展具合に注目です。

そして、ブレグジット問題に関しては、
最近目新しいニュースが出ていないですが、
もうそろそろ何かしらの材料が出て相場を動かしそうな気もします。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ