スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~EURUSDは売り一色も

強い米雇用統計を受けての先週の相場は、
ドル買いが優勢な展開が続きました。

というか、他の通貨に買い材料が無かったので、
消去法的にドルが買われたという表現が正解でしょうか。

注目だったトランプ大統領の一般教書演説では、
相変わらずのアメリカファーストと
メキシコ国境との壁建設に言及しており、
特に目新しい内容ではなかったようですね。

しかし、それが良かったのか、波乱なく通過したことが
逆に、ドル買いにつながったようです。

先のFOMCでのパウエルFRB議長の弱気発言から、
今年から米は景気減速のサイクルに入るのでは、
という市場観測があるにも関わらず、
なかなかドル売りにはならず。

やはり、”他の通貨よりはマシ”なんでしょうね。

ということで、
先週1週間分のEURUSDの1時間足チャートを復習してみます。

(チャート内に、赤色四角枠を記述していますが、
 これはマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)、

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cpb19021001
1週間をとおして、これだけ綺麗に下げ続けるなんて、
非常に珍しい現象ですね。

マイルール的にもショート一色の相場展開でした。

しかし、私個人の実際のトレーディングとしては、
それほど値幅は取れなかったですね。

確かにショートしかできない相場展開でしたが、
そもそも波形が短いので、
戻り売りのタイミングが取りづらかったです。

あとから振り返れば、
スイングで持ち続けていれば良かったのに」と思いますが、
それはチャートが出来上がった後だから言える
後解釈“でしかありません。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
週を通して、USD買いだったと分かります。

そして、相対的にEUR売りでもあったので、
やはり、EURUSDのショートが最もやり易かったでしょう。

さて、月曜からの相場ですが、
米の政府機関閉鎖解除の暫定予算の期限が15日に控えていますので、
それに対するニュースと思惑で振らされるでしょう。

国境の壁建設に関しては、まだまだ共和党と民主党で溝が深く、
妥協案は見つかっていないようですが、
はたして解決できるんでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

このページの先頭へ