スパンモデルと通貨の力関係で先週の相場検証~混迷する英会議

先週は世界的な景気減速懸念が浮上するも、
やはり、英のEU離脱関連の情報に左右される展開となりました。

どうしても離脱案を可決させたい英メイ首相は、
自身の辞任というカードを使ったにも関わらず、
3たび否決されてしまい、本人も「限界に近い」と発言。

出口のない袋小路に捕まった状態ですが、
報道では4回目の採決を行う意向もあるんだとか。

離脱期限の延期は4月12日までですが、
それまでに打開策が見つからない場合は、
合意なき離脱“が現実化します。

正念場が続きます。

ということで、
先週分のGBPJPYの1時間足チャートを復習しておきます。

(チャート内に、青色四角枠赤色四角枠を記述していますが、
 青色四角枠はマイルールにおけるロング指向の領域、
 赤色四角枠はマイルールにおけるショート指向の領域を表しています)

(そして、サブウィンドウは、私が独自特典として無料提供している
 「MTF通貨の力関係インジケーター」によるラインです)
cbp19033101
EU離脱に関してある程度の方針が決まるまでは
私はポンド関連の通貨ペアには手を出さないようにしています。

やはり、突然のニュースに振らされるのは嫌ですからね。

上記チャートを見ても、
トレードしやすい形状だとは言えないでしょう。

週後半には下降トレンドになりましたが、
ボラティリティーが大きいので、
タイミング良くエントリー、決済しないと、
十分な利幅は得られなかったでしょう。

また、サブウィンドウの通貨の力関係を確認すると、
やはり、GBPが上下に振れていますね。

GBPを外すとなると、
全般的にはUSD買い、EUR売り傾向が見られたので、
EURUSDのショートが分かりやすかったはずです。

さて、月曜からの相場ですが、
4月になり新年度入りです。

引き続き、メイ首相の動向に注目で、
もし4回目の採決を行い、可決されるようなら
ポンドは大きく買われるでしょう。

しかし現状としては、
合意なき離脱“がメインシナリオという雰囲気です。

さらには、米雇用統計も控えていますが、
これは注目されるんでしょうか。

前回2月の米雇用統計はネガティブサプライズだっただけに、
今回も予想を下回る数字になると
本格的な景気減速が意識され、
ドル売りにつながる可能性もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

あなたの応援がブログ更新の励みになっています!

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村

知っている人は知っている?

アーカイブ

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このページの先頭へ